【News】松本優作初監督作品・映画「Noise」2019年初旬 テアトル新宿にて公開決定

vivitoが製作委員会に参画し、クルオクリエイターである松本優作監督作品・映画「Noise」が、2019年初旬よりテアトル新宿にて劇場公開することが決定した。

第41回モントリオール世界映画祭、第25回レインダンス映画祭などで海外映画祭での上映を果たし、日本映画ベスト1・アジア映画ベスト4を獲得。第18回ニッポンコネクションでは、6月3日夜の最終上映にもかかわらずチケットはソールドアウト。世界各地の映画祭で高評価を博す映画『Noise』(監督:松本優作/配給:マコトヤ)が、いよいよ来年、テアトル新宿にて公開されることが決定した。

舞台はポップカルチャーの聖地・秋葉原。10年前の6月8日に起こったショッキングな事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちが見たものとは…。『Noise』は、人類史上最も凄惨な「今」を生きる世界の若者たちから圧倒的支持を獲得している同時代映画。

日本映画ベスト1。人間の絆の重要性と近代日本の資本主義社会の影響を描いた力強く健かな映画である。
--------------Pieter-Jan Van Haecke:臨床心理学者・ベルギー

■映画「Noise」 概要
15歳のときの親友の自殺とテレビに映し出された秋葉原無差別殺傷事件とのリンク…すぐさま脚本を書きはじめ、8年をかけて映画を完成させた、松本優作・25歳初長編監督作品。現代社会の明と暗をあぶり出す強烈な色と光の映像に、人気DJ・banvoxが心底作りたかったというサウンドがリンク。『Noise』は、狂気と混乱がのたうつ現代に生きる若者による若者と若者の親たちのための映画。

作品は、vivitoが運営する動画制作プラットフォーム「クルオ」(https://crluo.com/)のクリエイターとしても活躍する、松本優作が監督・脚本・編集を手掛けた。松本は自ら脚本を書いた後、クラウドファンディングにて資金を調達して制作を開始。多くの映画関係者や制作スタッフたちの協力者を得ながら、2016年4月にクランクインし、東京・秋葉原を中心にロケーションを敢行。秋葉原殺傷事件をモチーフに、「秋葉原」という街と人々の織り成すドラマを、密度の高い映像と繊細な色彩で表現している。

松本優作 [監督] → 1992年10月9日、兵庫県神戸市生まれ。ビジュアルアーツ専門学校大阪に入学し映画制作をはじめる。2008年、映画『Noise』脚本執筆開始、2017年完成124分版で世界各地の映画祭で正式上映、初監督作品となる本作を劇場公開に向けて再編集中。監督二作目となるエベレストを舞台とした長編ドキュメンタリー映画を制作中。

banvox[音楽プロデューサー]→ 2011年より活動開始、Google Androidや東京モード学園TVCMほか、「Watch Me」がiTunes Dance Chartほか全3チャートでベスト1を獲得。デヴィッド・ゲッタやアヴィーチーも絶賛する無比のDJでもある。本作で初の劇中音楽。

〔Original TITLE〕 Noise  〔ENGLISH & INTERNATIONAL TITLE〕Noise

〔Film Festival〕第41回モントリオール世界映画祭1stフィルムズワールドコンペティション部門 |第25回レインダンス映画祭コンペティション部門|第19回ハンブルグ日本映画祭|第18回ニッポンコネクション|CAMERA JAPAN Filmfestival|第14回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭ほか

〔CAST〕 篠崎こころ|安城うらら|鈴木宏侑 |岸建太朗|仁科貴|小橋賢児|布施博 他

〔STAFF〕 企画・監督・脚本・編集:松本優作|撮影監督:岸建太朗|音楽プロデューサー:banvox|製作:『Noise』製作委員会

〔SPEC〕  2018|JAPAN|COLOR|3.1ch|120min以内|©「Noise」製作委員会|配給:マコトヤ

関連記事

  1. 【News】109シネマズで大好評の“カプチーニャン”オリジナルショー…

  2. 【News】日本調剤株、CMにフリーアナウンサー・久保純子さんを継続起…

  3. 【News】映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開記念…

  4. 【News】斎藤工 ダンスを披露

  5. 【News】【109シネマズ】『アントマン&ワスプ』[IMAX(R)]…

  6. 【News】ライフネット生命保険のCM動画募集キャンペーンにCrevo…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。